トレーニング

トレーニング

 20年以上の実績を誇るThe Unscrambler®ブランドのソフトウェアソリューション群は、ビッグデータに隠された情報と相互関係の発見、解明に威力を発揮し、あらゆる分野の問題を迅速に解決しています。
 CAMO社は世界各地で多変量解析、スペクトル解析、実験計画と最適化、知覚・官能データの解析、PATなどをテーマにトレーニングコースを開催し、質の高さに定評があります。
 産業界、研究界で希求される多変量解析の運用能力。本コースでは、複雑なデータの関係性の速やかな解釈、最新の多変量解析技術の業務応用能力を獲得できます。数学的な説明は最小限に抑え、実践的な内容です。本コースを修了されると、多変量解析を使った製品・プロセスの最適化、差異分析・分類、予測定量をスムーズに業務応用できます。
 集合研修、インハウスセミナーを実施しています。

集合研修

2日間トレーニングセミナー
多変量解析:レベル1 The Unscrambler®を用いた理論と実例 

産業界、研究界で希求される多変量解析の運用能力。本コースでは、複雑なデータの関係性の速やかな解釈、最新の多変量解析技術の業務応用能力を獲得できます。数学的な説明は最小限に抑え、実践的な内容です。本コースを修了されると、多変量解析を使った製品・プロセスの最適化、差異分析・分類、予測定量をスムーズに業務応用できます。

内容 

 日程・開催場所:開催予定に随時掲載します
 1日目: 10:00-17:30 2日目: 9:30-17:30
 * 使用ソフト、講義とも日本語
 * 2日間のトレーニングを終了された方には、修了証を発行します。

取扱テーマ・特長: 

 多変量解析の基礎・原理の知識と実践の土台づくりに役立ちます。理論の講義の他、実データを用いた解析も行います。

  • 多変量解析とは
  • 主成分分析: PCA
  • アウトライヤー(外れ値)
  • データのチェック
  • 回帰分析
  • バリデーション
  • 未知試料の予測
  • 回帰分析でのアウトライヤー
  • 変数の選択

講師

新澤英之 博士(理学)
 講師略歴
 神戸大学大学院自然科学研究科修士課程終了後、関西学院大学理工学部尾崎研究室で博士号を取得。独立行政法人理化学研究所佐藤光バイオプシー開発研究ユニットを経て、2009年4月から独立行政法人産業技術総合研究所計測フロンティア部門に所属

 研究分野は近赤外、赤外、ラマンなどの分光装置、MATLAB言語を用いたプログラミング技術の探求。最近はイメージングデータへの多変量解析の応用など。多彩なプロジェクトに参加、注目の研究者として活躍中です。

対象

 こんな方に最適です

  • 消費者プロファイリング、R&D、製品開発に従事中の方
  • プロセス最適化、品質管理とモニタリングに従事中の方
  • 分光分析ユーザー NIR、IR、UV/VIS、Raman、 TeraHerz、NMR、XRD、LIBSなど
  • クロマトグラフィー(LC/CE/GC/HPLC)、MSユーザー
  • 多変量データをこれから扱われる方
  • もう一度しっかり学びたい方

定員

12名。
 最少催行人数5名(中止する場合は、申込締切後、直ちにお知らせします)

参加申込方法

Step 1 開催日の2週間前までに、申込用紙に必要事項をご記入の上ファクスで送付してください: FAX番号06-7635-5368。
または、必要事項を記載したeメールをContact ask@camo.co.jpまでお送りください。
Step 2 請求書・納品書・受領書を郵送します。開催日の1週間前までに参加費を指定口座にお振込みください。
Step 3 セミナーに参加! 当日は受領書にご署名捺印、ご持参の上、受付にご提出ください。

ご持参いただくもの

 ノートPC、筆記用具、署名捺印済み受領書
 * 1日目の受付時に受領書をご提出ください。
 * 入金確認済みの方には当日、領収書をお渡しします。
 * ノートPCをお持ちでない場合は参加申込時にご相談下さい。レンタルPCを手配いたします(有料)。
 * The Unscrambler® X 30 日間無料お試し版CD-ROMを提供します。コース終了後ただちにご自身の業務・研究で解析を行えます。

 セミナーに関するお問い合わせ:ask@camo.co.jp

開催予定 2016

  • 多変量解析:The UnscramblerXを用いたトレーニングセミナーレベル2(アドバンスコース)
  • 日時:2016年3月3日(木)、3月4日(金)
  • 開催場所:東京、広尾 駐日ノルウェー商工会議所
  • 申込締切:2016年2月26日(金) 

Google+